出産祝いをいただきました。 お返しの予算はどのくらいが適当なのでしょうか?


出産内祝いは頂いたお祝いの1/2〜1/3が相場です!


出産祝いは、職場の上司や同僚・友人・親戚など様々な方からいただきます。そのため、頂くお祝いの金額も人それぞれですよね。そこで良く耳にするお悩みが、出産内祝いの金額の相場です。子供が産まれ、親になってはじめて贈るギフトである「出産内祝い」。そんな大切な贈りもの「出産内祝い」で、失敗しないよう、今回は金額の相場をご紹介していきます。


ご家族で話し合った妥当な金額で贈るのが一番です。

最近の出産内祝いの相場は、頂いたお祝いの1/2~1/3が相場と言われています。例えば、1万円のお祝いを頂いたのであれば、内祝いの金額は「5000円~3000円」ほどの品を贈るのが目安です。あくまでの相場ですので、友人や親戚などでの通例や、ご家族で話し合った妥当な金額で贈って頂くのが一番です。


また、贈るタイミングは、元々はおめでたいことがあってから早々に贈るものなので、お祝いをいただいてから遅くとも1ヶ月以内には用意しましょう!



複数の人数で出産祝いを頂いた場合は~1000円ほどのプチギフトを贈りましょう。

友人や会社の同僚など、複数の人で出産祝いを頂く場合がありますよね。 こうした気軽な贈りものには、相手の気持ちを汲み、あまり格式ばらない「プチギフト」のような出産内祝いを贈りましょう。 特に「ロシアケーキ&クッキー」のような焼き菓子は形に残らないため、気軽に贈る贈りものには最適です。 



ロシアケーキ&クッキー(12個) 972円(税込)


また、小さなお子様がいる方には、贈る先のお子様の名前を刺繍で名入れした、「オーガニックコットン スタイ」のような一緒に使えるものを贈るのもオススメです。 一般的には産まれたご自身のお子様の名前を入れ、贈ることが多い名入れ商品。しかし、贈る先のお子様の名前を入れるという小さな心遣いで、「無事産まれました。ありがとうございます。」「これから新米ママとしてよろしくお願いいたします。」と、感謝の気持ちがより一層伝わる贈り物になりますよ。



  オーガニックコットン スタイ(お名入れ刺しゅう)イエロー 540円(税込)


みなさんに同じ物を贈る場合は「名入れ」商品がオススメです。

頂いたお祝いの金額に応じてではなく、「みなさんに同じものを贈りたい!」と考えている方もいらっしゃいますよね。 そんな方にオススメの出産内祝いが「名入れ」商品です。 名入れ商品は、産まれた赤ちゃんの名前をお伝えすることができ、赤ちゃんのはじめましての挨拶にもぴったりです。 



ベビークッキー&シュガークラフトセット(お名入れ) 男の子 864円(税込)

閲覧数:38回

最新記事

すべて表示

「御成長祝」とします。 つい最近、お隣の息子さんに赤ちゃんが生まれたとお聞きしました。生まれて半年になるとのこと。そんな時熨斗には「お誕生 お祝い」でいいのでしょうか? 知らなかったり、そのうちにと思っていると、つい贈りそびれてしまうことがよくあります。 そんな場合は「御成長御祝」にするようお奨めしています。 一つの目安として、三か月ころまでは「御出産御祝」されそれ以降は「御成長祝」とされては