結納って何ですか?

結納の考え方

 

「娘の結納金のお返しは1割返し、半返し、お返しなし?」「仲人を立てないで簡単に結納をしたいが?」「海外で二人で挙式をあげるから、結納は簡単に、披露宴はしないと娘が言っているのですが?」などなど、結納についての相談は、たくさんあります。

 

結婚式、披露宴については今まで出席した経験あり、あるところまではわかっておられる方が多いのですが、結納となるとほとんどの方が初めてのことであり、どうしていいのかわからないことが多いのだと思います。

まして昨今、仲人をたてる結婚式が減っていますので、相談する先がありません。ですからサラダ館への相談が多くなるのだと思います。



 

それでは「結納」とは何なのでしょうか? 

 

平たく言えば、「お互い結婚をします」という契約金です。結納金を渡すことで婚約ということになります。

ですからお互いが結婚するという確約があれば、結納金は必要なくなります。最近では、両家両人の意見が一致して、会食だけをするというパターンが増えています。

これも立派な結納です。

息子や娘の結婚を両家の親が立会いの上、結婚を確認し、皆さんに公表することが大切な結納の考え方のもとでもあるのです。

 

もともと結納は、花嫁となる女性のご両親に、今日まで育てあげられたねぎらいの気持ちを込めて「小袖一重ね」を贈りました。本来は「結いもの」と呼ばれ、両家が新しく婚姻関係を結ぶために、ともに飲食する酒肴のことでした。

 

結納金をいくらにするのか、しないのかは両家が納得いく形で話し合うことが両家円満のもとになります。

 

結婚指輪をどうするのか?新居はどうするのか?など若い二人の考えも取り入れながら、結納という大切な「ケジメの祝い」を両家両親確認のもと、取り交わしたいものですね。

​結納・婚約